連絡先
サービスの内容説明


横浜市鶴見区で低料金、格安のパソコン修理と設定、SDカード、USBメモリー、ハードディスクのデータ復旧を行っています。どんな故障、ご依頼でも一律に固定の料金ですので安心してご用命ください


パソコン修理と設定のサポート地区

パソコン修理と設定
パソコン修理と設定へのリンク
SDカードデータ復旧
SDカードデータ復旧へのリンク
USBメメモリーデータ復旧
USBメメモリーデータ復旧へのリンク
ハードディスクデータ復旧
ハードディスクデータ復旧へのリンク




パソコン修理・設定



パソコンの修理と設定を行っています
修理は訪問で解決できる症状の場合はお伺いして作業します。訪問で作業できない症状の場合は持ち込んでいただくか宅急便などで送っていただいての作業となります

設定は新規にパソコンを購入された場合の接続や各種設定などです。
料金は次のとうりです

修理 8000円
  ・部品交換がある場合は実費がかかります
  ・訪問修理をご希望の場合は電車、バスなどの交通費の実費がかかります

設定 8000円
  ・訪問設定費として電車、バスなどの交通費の実費がかかります

料金は上記のとうりでその他に料金はかかりません
固定料金のため見積り、基本料、出張費、診断料、その他がありません

パソコンの修理について

パソコンの電源が入らない

デスクトップパソコンの場合は電源ユニットの破損、CPUの破損、マザーボードと呼ばれる電子部品がたくさんついた回路基板、付属品、電源まわりの破損が考えられます。CPUの破損、マザーボードの破損の場合は修理できない場合があります。
また、お客様了解の上で解体修理することがあります。
修理不可の場合、パソコンに大切なデータがあればデータの復旧はできますのでデータを取り出して作業終了になります。

 ノートパソコンの場合は電源まわりの破損、マザーボードの破損が考えられます。電源まわりの破損の場合はお客様了解の上で解体修理することがあります。マザーボードの破損の場合は修理できないことがあります。
修理不可の場合、パソコンに大切なデータがあればデータの復旧、取り出しはできますのでデータを取り出して作業終了になります。

電源ユニットの参考画像
電源ユニットの参考画像
マザーボードの参考画像
マザーボードの参考画像
デスクトップパソコンに搭載されている電源ユニットの例です。この電源ユニットが破損するとパソコンの電源は入りません。 料金は安価なもので5000円前後から高額なもので8000円位です。電源の入らない原因がこの電源ユニットの不良かどうか判断が困難です。
ノートパソコンにはこのような機器が入っておらず、電源アダプターが使われます
マザーボードはデスクトップ、ノートパソコンの両方に用いられています。一般的によく言われるマザーボードの破損はこの機器のことで、これが破損すると修理はとても困難で修理不可となることがたびたびあります。
メーカー修理になることが多く、その場合もパソコン本体を買い替えた方が安いことがあります

ブルー画面と呼ばれる青い画面になってパソコンが起動しない<

パソコンの起動直後にメーカーのロゴマークが出たあと青い画面が出るのが一般的ですが、正常に動作していて突然この画面が出ることもあります。
原因はWindows システムの破損やハードディスクの破損のことがよくあります。
パソコンに大切なデータがある場合は電源の再投入などを試さずにすみやかにデータの復旧を依頼してください。何度もパソコンの再投入を繰り返すとハードディスクの破損箇所が広がってデータの復旧を困難にしてしまいます。
このような症状の場合は、先にデータを取り出しておいてハードディスクの品質チェックを行います。その結果ハードディスクに問題がなければWindowsシステムをリセットしてデータを元に戻す方法をとります。しかし、ハードディスクが破損している場合はハードディスクの交換を行った後Windowsの再インストールを行ってデータを元に戻します。

ブルースクリーンの参考画像
ブルースクリーンの参考画像
エラー修復処理が繰り返される

パソコンを起動するとエラー修復処理が繰り返されてしまい、正常の画面にならなず、図のような画面が表示される。
原因はWindowsのシステム破損やハードディスクの破損の場合であることが多い。
この現象の場合もパソコンに大切なデータがある場合は電源の再投入などを試さずにすみやかにデータの復旧を依頼してください。何度もパソコンの投入を繰り返すとハードディスクの破損箇所が広がってデータの復旧を困難にしてしまいます。
このような症状の場合は、ブルースクレーンの症状の場合と同様にまずデータを取り出しておいてハードディスクの品質チェックを行います。その結果ハードディスクに問題がなければWindowsシステムをリセットしてデータを元に戻す方法をとります。しかし、ハードディスクが破損している場合は交換を行いWindowsの再インストールを行ったあとデータを元に戻し作業終了となります。

エラー修復処理の参考画像
エラー修復処理のの画像
パソコンの動きが異常に遅い

パソコンの起動時、通常の使用中、バソコンの終了時の全体にわたって動作に時間がかかる場合、これには幾つかの原因があってそれぞれの原因について対応が異なります。
考えられる原因としてはWindowsのシステム破損、インストールされているソフト間の相性、インストールされているソフトの異常、ハードディスクの劣化、ハードディスクのキズなどがあげられます。
どれが原因であるかによって対応が変わってきます。原因がハードディスクの劣化、もしくはキズの場合は突然パソコンが起動しなくなるような症状に変わります。この場合も大切なデータがある場合は使用を続けずにすみやかにデータのバックアップをとって修理依頼を行ってください。
ハードディスクの劣化、ハードディスクのキズの場合は交換を行いWindowsの再インストールを行ったあとデータを元に戻して作業終了となります。
電源は入るが画面が真っ暗で何も表示されない

原因としては、Windowsシステムの破損、ハードディスクの破損、画像表示関係の破損、マザーボードの破損など多岐にわたります。
Windowsシステムの破損、ハードディスクの破損の場合はパソコンの修理はできますが、その他の場合は症状によって修理できないことがあります。いずれの症状の場合も必要なデータはほとんど取り出すことができます。
症状によって修理できないものはメーカー修理できないものや、高額修理となりパソコンの買い替えの選択肢も生じてきます
迷惑ソフトの画面が出て消えない

パソコンを起動すると迷惑ソフトの画面が幾つも出て消えない場合、このような症状はこれらの迷惑ソフトをアンインストール、駆除することになります。ときとして頑固な迷惑ソフトが落とし込まれてなかなか削除できないものもあります。このような場合は症状を悪化させずに修理依頼してください。対応は訪問による現地作業となります。

迷惑ソフトの参考画像
迷惑ソフトの例
迷惑ソフトの例
迷惑ソフトの例
迷惑ソフトの例
迷惑ソフトの例
迷惑ソフトの例
迷惑ソフトの例
迷惑ソフトの例
インターネットが使えない

原因としてインターネットエクスプローラの破損の場合、もしくはパソコン自身のトラブル、インターネット回線、インターネット機器のトラブルがあります
インターネットエクスプローラの破損の場合はインターネットエクスプローラの修復を行います。原因がそれ以外に起因する場合はその原因を調べることになります。この場合は訪問による調査から始まります
メールが使えない

原因としてメールソフトの破損の場合、もしくはパソコン自身のトラブル、インターネット回線、インターネットのトラブルがあります
メールソフトの破損の場合はメールソフトの修復を行います。原因がそれ以外に起因する場合はその原因を調べることになります。この場合は訪問による調査から始まります
プリンタが使えない

原因としてプリンタドライバの破損の場合、もしくはプリンタ自身のトラブルがあります
プリンタドライバの破損の場合はプリンタドライバの修復を行います。原因がプリンタ自身のに起因する場合はメーカーに修理依頼することになります。この場合はお客様からのメーカー修理となります。
キーボードの文字が正しく入力できない

原因としてキーボードの破損が一般的ですが、ノートパソコンの場合はお客様ご自身で行うのはとても危険で、パソコンを破損しかねません。ノートパソコンはデスクトップパソコンに比べて分解がとても複雑でキーボード交換は簡単ではありません。私共修理業者に依頼してください

キーボードの例
画面の液晶割れ破損

画面の液晶割れ破損はとても高額で、修理依頼するか、パソコンを買い替えるか迷うことが多い症状です。ノートパソコンは3万円台で新品を購入できるのが現状で、修理依頼するとそれ以上の高額修理になるばかりか、修理期間も長期になります。必要なデータがある場合はデータ復旧だけを行ってパソコンは購入といった選択肢もあります
ピーピー音がしてパソコンが起動しない

一般的にパソコンの部品異常です。持ち込み、または送付での調査が必要です
デスクトップパソコンでファンだけが回って起動しない

原因として電元ユニット、CPU回りのトラブル、マザーボートの破損、部品のトラブルが考えられます。
持ち込み、または送付での調査が必要です
その他のトラブル

以下のようなトラブルがあります。
・CD、DVDを読めない
 機器の破損が一般的ですが、パソコンの設定に問題があることもあります。機器の破損の場合は機器交換修理依頼する方法と、外付けの機器を購入する選択肢もあります。
・マウス、キーボードの動作異常
 マウス、キーボードの破損、電池切れなど
・電源アダプタの差し込み口のぐらつきや破損
 持ち込み、または送付での調査が必要です


パソコンの設定について

パソコンの設定は基本的には訪問作業となります

インターネット回線の設定

初めてインターネットを使う場合、または契約のプロバイダーを変えた場合はルーターと呼ばれる機器の設定が必要になります。そして、プロバイダーのメールを使う場合はメールソフトの初期設定、または変更が必要です。
パソコンの初期設定

パソコンを新規に購入した場合は初期設定が必要です。Windows 10になってからは初期設定が難解になっていて特にOfficeのインストールが分かりずらいと言われています
また、初期設定のときにPDFファイルを読むためのソフト、JAVA、セキュリティ設定、無線を使う場合のWi-Fi設定、プリンターのドライバーインストールとWi-Fi設定など必要な設定がたくさんあります
ホームページを作る環境設定

ホームページを開設ご希望の方にサーバーにホームページをアップする環境設定、最適なホームページの組み方、各種検索エンジンに認識させるための設定を行います
スマホ、タブレット端末のWi-Fi設定

家庭に光回線が入っている場合にスマホ、タブレット端末を快適に使うための設定を行います
訪問作業を希望される場合の注意事項

・訪問によるサポートを希望される場合は日程の調整をお願いします。
・訪問による料金は作業費以外に交通費の負担をお願いしています(電車、バスなどの公共交通費)


連絡先の電話番号・住所






SDカードデータ復旧



SDカードのデータ復旧を行っています
誤って写真や動画データを消してしまったり、SDカードをフォーマットしても復旧できます。端子がキズついたり折れ破損、変形などの症状でもごデータを復旧できることがおりますのでご相談ください

料金は次のとうりです

1ギガ以下 2300円

1ギガ以上 3200円
復旧データの返送料、保存データ用DVD1枚分の料金込みです(消費税なし)

料金は上記のとうりでその他に料金はかかりません
固定料金のため見積り、基本料、診断料、その他がありません

料金が3200円を超えることがありません
写真、動画、音楽、その他どんなものでも料金は変わりません

以下のすべてのSDカードについてデータ復旧をおこなっています

復旧対象のサンプル写真


次のことによりSDカードの復旧料金を安価にしています

■ 容量の小さい1ギガ以下のSDカードは短時間で復旧処理が完了するため更に安価な料金設定にしています
■ SDカードの容量が大きくなるにつれて長い作業時間が必要になりますがこの間、復旧作業のためにかかりっきりの必要がなく他の作業を平行しておこなっています。そのため容量が大きくなるからとの単純な理由で高額な料金にしていません
■ SDカードの復旧依頼の中には間違って消してしまったようなケアレスミスが含まれています。このようなことのために高額料金を支払って復旧するのは躊躇すると考えています
■ 弊社は経費のかかる店舗を構えていません。そのためかなりの費用削減が可能です
■ お客様に喜んでいただけ、また次も依頼をいただけることを重視しています。おかげさまで数多くの方がリピータになってくださっています

SDカードの復旧の弊社の特徴

■ 世界でもトップクラスの高機能復旧システムを取り揃え、症状に応じて最適システムで復旧をおこなっています
■ 複数のシステムを併用して最善のデータを取り出しています
■ メモリーのサイズや復旧データの種類、容量ごとに料金が増額されることがない安心料金です
■ データが復旧できなかった場合は料金をいただきませんので安心です
■ 料金には返送料、データ書き込みDVDの料金も含まれています(1枚分)
■ 消費税がない明確な料金です

SDカードのデーター復旧の業界は一般的にSDカードの容量や復旧するデータの種類によって料金が変わります。
よく見受けられるのが○○円〜と表示されていて自分のSDカードがいくらになるのか、復旧できない場合いくら請求されるのか明確にされていないことがあります
また、いますぐ復旧しないと手遅れになるなどの苦情も聞かれます。
弊社はどんな場合も一律に同一料金制ですので安心して依頼いただけます

SDカードの異常現象とデータ復旧の可能性について

以下のような状況の場合はほぼ完全に復旧できます
■ 誤って写真などを消去してしまった
■ 誤ってSDカードをフォーマットしてしまった
■ フォルダーが文字化けして読み取れなくなった
■ フォーマットしますかのメッセージが出て読み取れない

  フォーマットしますかのサンプル写真

以上はほとんどの場合データを取り出すことができます

SDカードが復旧ソフトで復元できない場合
■ 物理破損ではないが復旧ソフトで復元できない症状
■ SDカードの内部で電子部品が破損した場合
  修理するとデータを復旧できることがあります
■ 折れたり、曲がったり、割れ破損した物理的な破損
  修理するとデータを取り出せることがあります

    破損したSDカードのサンプル写真

SDカードが破損した場合は症状によって修理できる場合とそうでない場合があります


ご依頼から復旧、返却までの流れ

No.1 電話で症状を教えてください
電話でご依頼の内容をを教えてくださいください
依頼の内容をを教えてくださいください
SDカードを送っていただきます。復旧SDカードのデータ量が多いい場合、保存用のSDカードやその他のメモリーを同送していただくことがあります
No.3 SDカードのデータを復旧します
お預かりのSDカードからデータを復旧します。動画や写真、その他ご依頼のデータを取りだします
No.4 復旧されたデータをお送りします
復旧されたデータをお送りします。ハードディスクなどがある場合はヤマトの着払い宅急便で発送します
No.5 お振込みください
データを確認後、お振込みください


SDカードを送っていただくときの注意
SDカードは割れやすいため次のように注意して送ってください

宅急便で送る場合
■ 途中で紛失しないようにある程度の目立つ大きさのぷちぷちなどで保護された封筒などをご利用ください
■ 郵送する場合は専用のSDカードケースに入れるか、ダンボール紙片、保護シートなどで包んでください

SDケースがある場合

SDケースがある場合場合の送付方法
SDケースがない場合

SDケースがない場合場合の送付方法


SDカードを郵送する方法
SDカードを郵便封筒にいれて宛先、ご自身の住所を書いてください。封筒に入れた状態で厚さが1センチ以下の場合は82円切手で郵送できます。
封筒の表に途中で紛失しないように赤い文字で「コンピューターチップ在中」と書いてください。
中に82円切手を同封してください。この切手はSDカードが破損していたり、データを復旧できなかった場合お預かりしたSDカードをお返しするときに使います。データを復旧できた場合はお返しします。

SDカードを郵送する方法

SDカードを郵送する方法の図

SDカードのデータ復旧について例

SDカードのデータを復旧できるかそうでないかはおよそ次のようになります
1.誤ってパソコンやデジカメ、スマホ、ビデオカメラなどから消去した場合
  ほぼ確実にデータを復旧できますが一部の機器に物理的に消去してしまい復旧できないことがあります
2.誤ってフォーマットした場合
  ほぼ確実にデータを復旧できますが一部の機器に物理的に消去してしまい復旧できないことがあります
3.パソコンからデータを取り出そうとすると(フォーマットしますか)のメッセージがでる場合
  ほぼ確実にデータを復旧できますが、まれに復旧できないことがあります
4.パソコンからSDカードが認識されない場合
  復旧ソフトによるデータ復旧の可能性がかなり低くなりますが復旧できることもあります
5.SDカードが手で触れないくらい高温になって認識されない場合
  SDカード内部で電子部品が破損しているため復旧できません
6.SDカードの金属端子の部分がはがれてしまった場合
  金属端子の部分を修復してデータを取り出します
7.SDカードの折れ、曲がり、割れ破損した場合
  破損部分を修理して取り出しますが、破損の状況によっては修理できないことがあります


SDカードが物理的に破損した場合の復旧料金について
SDカードが物理的、または電気的に破損した場合は修理後にデータを取り出します。この作業は時間がかかりますので料金が異なります

物理的に破損した場合---12000円
電気的に破損した場合---22000円

修理には時間がかかりますのでご希望の場合はお問い合わせください。

メモリー素子の場合は復旧できません。
電気的に破損した場合の修理期間は1週間〜2週間となりますのでお急ぎの場合はお受けできません

ご自分でSDカードの復旧を試みる場合
ご自分で復旧ソフトを入手して取り出しを試すと症状を悪くすることがあります。特にフリーソフトではデータを復旧できず症状を悪化することがあります
データ復旧は高度な技術と経験が必要です。経験なく復旧を試すとデータ破損をおこします。

弊社からのSDカードの返却方法
復旧データの容量によって次のようにお返しします。
■ お預かりしたSDカードが8ギガ位までの場合はDVDに書き込んでお返しできます。DVDは2枚位なります
■ お預かりしたSDカードが16ギガ位までの場合はDVD、または別にSDカードを同封していただいてそれに保存してお返しできます
■ お預かりしたSDカードのメモリー容量が32ギガ、またはそれ以上の場合は別に保存用のSDカード、またはUSBメモリーを同封していただきます
復旧したデータの保存用にハードディスクを同封していただいた場合の返却は着払いのヤマト宅急便でお返しします

SDカード復旧完了後のお支払い方法
データの復旧が正常に完了した場合はお預かりしたSDカード、復旧データ、および振込先の用紙を同封します。確認が済みましたらお振り込みください

SDカードの復旧所要日数
通常、1〜2日で完了しています
郵便局が休日の場合は営業日の発送になることがあります。
データ量が少なく、お急ぎの場合は特別な方法で先にお渡しすることもできますのでご相談ください。

作業完了後のデータの保管
復旧データをお返ししたあと2週間は弊社にてデータを保管していますが、2週間を経過しますと弊社の記録装置から消去します。 データをなくした時などの場合はこの間に連絡いただきますと再発送できます。


連絡先の電話番号・住所






USBメモリーデータ復旧



USBメモリーのデータ復旧を行っています
誤ってUSBメモリーのデータを消してしまったり、USBメモリーをフォーマットした場合、およびUSBメモリーのデータが消えてしまった症状からデータを復旧しています。また、折れ破損、グラつきなどの症状でも修理、データを復旧をおこなっています

料金は次のとうりです

1ギガ以下 3200円

1ギガ以上 4300円
復旧データの返送料、保存データ用DVD1枚分の料金込みです(消費税なし)

料金は上記のとうりでその他に料金はかかりません
固定料金のため見積り、基本料、診断料、その他がありません

料金が3200円を超えることがありません
写真、動画、音楽、その他どんなものでも料金は変わりません

USBメモリーはいろいろなメーカーのものがありますが全てに対応しています

復旧対象のUSBメモリーのサンプル写真


次のことによりUSBメモリーの復旧料金を安価にしています

■ 容量の小さい1ギガ以下のUSBメモリーは短時間で復旧処理が完了するため更に安価な料金設定にしています
■ USBメモリーの容量が大きくなるにつれて長い作業時間が必要になりますがこの間、復旧作業のためにかかりっきりの必要がなく他の作業を平行しておこなっています。そのため容量が大きくなるからとの単純な理由で高額な料金にしていません
■ USBメモリーの復旧依頼の中には間違って消してしまったようなケアレスミスが含まれています。このようなことのために高額料金を支払って復旧するのは躊躇すると考えています
■ 弊社は経費のかかる店舗を構えていません。そのためかなりの費用削減が可能です
■ お客様に喜んでいただけ、また次も依頼をいただけることを重視しています。おかげさまで数多くの方がリピータになってくださっています

USBメモリー復旧の弊社の特徴

■ 世界でもトップクラスの高機能復旧システムを取り揃え、症状に応じて最適システムで復旧をおこなっています
■ 複数のシステムを併用して最善のデータを取り出しています
■ メモリーのサイズや復旧データの種類、容量ごとに料金が増額されることがない安心料金です
■ データが復旧できなかった場合は料金をいただきませんので安心です
■ 料金には返送料、データ書き込みDVDの料金も含まれています(1枚分)
■ 消費税がない明確な料金です

USBメモリーのデーター復旧の業界は一般的にUSBメモリーの容量や復旧するデータの種類によって料金が変わります。
よく見受けられるのが○○円〜と表示されていて自分のUSBメモリーがいくらになるのか、復旧できない場合いくら請求されるのか明確にされていないことがあります
また、いますぐ復旧しないと手遅れになるなどの苦情も聞かれます。
弊社はどんな場合も一律に同一料金制ですので安心して依頼いただけます


作業は1〜2日で完了させています。依頼は日本全国から入ってきています

USBメモリーのデータ復旧が必要な症状について

以下にような症状の場合はほぼ復旧できます
■ 誤ってデータなどを消去してしまった
■ 誤ってUSBメモリーをフォーマットしてしまった
■ フォルダーが文字化けして読み取れなくなった
■ フォーマットしますかのメッセージが出て読み取れない

以上はほとんどの場合データを取り出すことができます

USBメモリーが破損した場合
USBメモリーの破損には次のようなものがありまます
■ 復旧ができない論理的な破損
  USBメモリーは壊れていないがデータ復旧できない症状です
■ 折れ、曲がり、割れなどのように物理的な破損
  通常は修理するとデータを復旧できます。
■ 電気的な内部の電子部品の破損
  修理するとデータを復旧できることがあります

USBメモリーが破損した場合は症状によって修理できないことがありますのでご相談ください


ご依頼から復旧、返却までの流れ

手順1 電話でご依頼の内容をを教えてくださいください
電話でご依頼の内容をを教えてくださいください
手順2 USBメモリーを送っていただきます
USBメモリーを送っていただきます。保存用のUSBメモリーなどを同梱していただくことがあります
データを復旧します
お預かりのUSBメモリーからデータを復旧します。動画や写真、その他ご依頼のデータを取りだします
手順4 復旧されたデータをお送りします
復旧されたデータをお送りします。ハードディスクなどがある場合はヤマトの着払い宅急便で発送します
手順5 お振込みください
データを確認後、お振込みください

USBメモリーの郵送方法について
USBメモリーを郵送する場合は郵送の途中で破損しないように何らかの保護を行ってください。

プチプチの保護材で包むか、小さいダンボール箱などに入れてください
特に、折れたり変形したUSBメモリーは注意してください

USBメモリーを保護材封筒入れる場合

USBメモリーを保護材封筒入れる場合
固い箱に入れる場合

固い箱に入れる場合


USBメモリーを郵送する方法
郵便封筒にはご自身の住所を忘れずに書いてください。
120円切手を同封してください。この切手はデータを復旧できなかった場合お預かりしたUSBメモリーをお返しするために使います。データを復旧できた場合はお返しします。

郵送方法

USBメモリーを郵送する方法

USBメモリーが物理的に破損、または電気的に破損した場合


USBメモリーが折れたり、曲がったりした物理的な破損

USBメモリーが物理的に破損した場合

物理的な破損の場合---12000円

USBメモリーの内部電子部品が破損した場合

USBメモリーが物理的に破損した場合

内部電子部品破損の場合---22000円

内部のメモリーが破損している場合は復旧できません。
内部のメモリー以外の電子部品が破損した場合の修理期間は1週間〜2週間程ですのでお急ぎの場合はお受けできないことがあります

ご自身によるフリーソフトでの復旧
ご自身で復旧ソフトを入手して作業すると症状を悪くして復旧できなくなることがあります。一般的にフリーソフトではデータを復旧できません。完全に復旧できないばかりかさらに悪化させてしまいかねません
データを復旧するには症状によって最適な方法を行います。

弊社からのUSBメモリー返却方法
復旧されたデータの量によって以下の方法でお返しします。
■ お預かりしたUSBメモリーのメモリー容量が16ギガ位までの場合はDVDに書き込んでお返しできます
■ お預かりしたUSBメモリーのメモリー容量が16ギガを超える場合は別に保存用のUSBメモリー、または外付けのハードディスクを同封していただきます
保存用にハードディスクを送っていただいた場合は着払いのヤマト宅急便(精密機器扱い)でお返しします

お支払い方法
データの復旧が正常に完了した場合、復旧データと振込先の用紙を同封します。確認が済みましたらお振り込みください

復旧作業の所要日数
物理的、または電気的破損でない場合は1〜2日で完了しています
郵便局が休日の場合は営業日の発送になることがあります。
データ量が少なく、お急ぎの場合は特別な方法で先にお渡しすることもできますのでお申しつけください。

作業完了後のデータ保存
データをお返ししたあと2週間は弊社にてデータを保管していますが、2週間を経過しますと弊社の記録装置から消去します。 データをなくした時などの場合はこの間に連絡いただきますと再発送できます。


連絡先の電話番号・住所






ハードディスクデータ復旧



ハードディスクの修理とデータ復旧を行っています

日本全国を対象しとたハードディスクの修理とデータ復旧を低料金で行っています。間違って消してしまったり、フォーマットしても復旧できます。破損したり不要になったパソコンのハードディスクからのデータ取り出し、電源が入らない外付けハードディスクからの復旧も行っています

料金は次のとうりです

1テラ以下 8000円

1テラ以上 10000円

物理的、または電気的破損でなければ料金は上記のとうりでその他に料金はかかりません
固定料金のため見積り、基本料、出張費、診断料、その他がありません


以下のハードディスクについて対応しています

ハードディスクのサンプル写真


次のことによりハードディスクのデータ復旧料金を安価にしています

■ 一般的にハードディスクからのデータ復旧はとても高額です。弊社では復旧システムを多数同時に走行させています。症状によっては数週間に達することがありますが、その間作業につきっきりではなく他の作業を行っているため業務に影響はありません したがって、料金を高額に設定していません
■ 1テラ以上のハードディスクは中のデータが少なくても検索時間がとてもかかりますので料金変えさせていただいています。 一般のデーター復旧業界では1テラを超えると驚くほど高額になりますが弊社では極力1テラ以下の場合と変わらない料金体制にしています
■ 弊社は利益重視ではなくお客様のお役にたてて喜んでいただけることを重視しています。 そのため非常に多くのリピータ様がおられます。弊社はパソコン修理も行っていますが、こちらの料金はどんな作業を行っても8000円固定となっており、実に90パーセント以上がリピータ様です

ハードディスクデータ復旧の弊社の特徴

■ 世界でもトップクラスの高機能復旧システムを取り揃え、症状に応じて最適システムで復旧をおこなっています
■ 複数のシステムを併用して最善のデータを取り出しています
■ メモリーのサイズや復旧データの種類、容量ごとに料金が増額されることがない安心料金です
■ データが復旧できなかった場合は料金をいただきませんので安心です
■ 消費税がない明確な料金です

ハードディスクのデータ復旧の業界は一般的にハードディスクの容量や復旧するデータの種類によって料金が変わります。弊社はどんな場合も一律に同一料金制ですので安心して依頼いただけます

作業は症状とハードディスクの容量によって数日〜数週間になることがあります

データハードディスクのデータ復旧が必要な症状について

以下のような症状の場合は通常の方法で復旧します>
■ 誤ってフォルダーやデータを消去してしまった
■ 誤ってハードディスクをフォーマットしてしまった
■ フォルダーが文字化けして読み取れなくなった場合
■ フォーマットしますかのメッセージが出て読み取れない場合
■ 【CRCエラー】のメッセージが出て読み取れない場合

以上はほとんどの場合データを取り出すことができます

ハードディスクが以下のような何らかの破損を起こした場合>
ハードディスクの破損には次のようなものがありまます
■ 復旧ができない論理的な破損
  ハードディスクは壊れていないがデータ復旧できない症状です
■ 電源が入らなかったり電子部品の破損
  修理することによってデータを復旧できます
■ ハードディスクの内部でヘッドやディスクの物理的に破損した場合
  修理するとデータを取り出せることがありますが、成功率が低いため症状によって作業できないことがあります

ハードディスクの電子部品画像です
ハードディスクの電子部品画像
ハードディスクには電子部品がたくさん付いたプリント基板と呼ばれるものがあります
このプリント基板が壊れた場合は壊れた部品を交換修理します(同一製品のハードディスクを買ってプリント基板だけを交換することはお止めください。クラッシュ破損してデータを壊してしまいます
ハードディスクの内部画像です

ハードディスクの内部画像
ハードディスクの内部にはデータが書き込まれているフラッタとデータを読み取るヘッドがあります
ハードディスクから異常音がしてデータを読めなくなる症状はこのいずれか、または両方が破損している場合です
この部分の破損の場合はデータ復旧はとても困難で、データを取り出す前に修理が必要で修理部品代がかかります。また、修理してもデータを取り出せないことがあります

現在内部破損の修理は停止しています
( 内部異常音がする場合はお受けしていません)


ご依頼から復旧、返却までの流れ

手順1 電話でご依頼の内容をを教えてくださいください
電話でご依頼の内容をを教えてくださいください
手順2 ハードディスクを送っていただきます
ハードディスクを送っていただきます。保存用のハードディスクを同梱していただくことがあります
データを復旧します
お預かりのハードディスクからデータを復旧します。
手順4 復旧されたデータをお送りします
復旧されたデータをお送りします。ハードディスクなどがある場合はヤマトの着払い宅急便で発送します
手順5 お振込みください
データを確認後、お振込みください


ハードディスクの送付方法について
ハードディスクは振動などにより破損しやすいため郵送や宅急便で発送する場合は保護してください。

緩衝材などに包んでダンボール箱などに入れてください(ハードディスクを直接封筒に入れて郵送しないでください)

小さい2.5インチハードディスクを送る場合

小さいハードディスクを送る場合の図
大きい外付けハードディスクや3.5インチハードディスクを送る場合

大きいハードディスクを送る場合の図

ハードディスクが電気的に破損した場合

パソコンの内臓ハードディスクの電源が入らない場合や外付けハードディスクの電源が入らない場合は破損した部品を交換します。部品は数百円くらいのものから破損部品によっては8000円くらいになることがあります。このような場合は修理費に部品代を加算した料金になります

ハードディスクの内部破損の場合はヘッドの破損かディスク破損かの判断ができないため、修理復旧をお受けできないことがあります
内部破損の場合は部品代が4000円くらいから8000円くらいになることがあります

ご自身によるフリーソフトでの復旧
ご自身で復旧ソフトを入手して復旧を試みた場合は症状が悪くなっていて復旧できないことがあります。

弊社からの返却方法
ハードディスクの修理、およびデータ復旧のに関してはのご返却はヤマトの着払い宅急便でお返しします。

お支払い方法
データの復旧が正常に完了した場合は復旧データと振込先の用紙を同封します。確認が済みましたらお振り込みください

復旧作業の所要日数
物理的、または電気的破損でない場合は数日で完了しています
郵便局が休日の場合は営業日の発送になることがあります。

作業完了後のデータ保存
データをお返ししたあと2週間は弊社にてデータを保管していますが、2週間を経過しますと弊社の記録装置から消去します。 データをなくした時などの場合はこの間に連絡いただきますと再発送できます。

受付時間:7:00〜22:00時
営業日:(年末年始以外は無休です)

電話・住所


業務内容


サイトの新規登録106 相互リンク検索エンジン〜AtoZ♪Search〜 自動相互リンクサイト 自動相互リンク集 東京散歩 リンクサーチ〜相互リンク検索エンジン〜 中国語留学・韓国語留学の東京文法語学教室 即時反映されるディレクトリ型検索エンジン SEO対策型検索エンジン・バビバビ同盟 ただモール ad2town G-コレクション ありさんサーチ PHPプログラミング 自動相互リンク集 自動相互リンクサイト Web Navi みんなの検索サイト! 自動相互リンクPlus