自社のロゴマーク 自社の連絡先電話番号
サポートの概要説明


横浜、川崎市内のハードディスクデータ復旧と修理

横浜、川崎市サポート区域の表示


横浜市と川崎市の外付けハードディスクおよびパソコンの内部ハードディスクのデータ復旧、および修理を安価な低料金で行っています。電源が入らない、データを読み取れない、データを消してしまったなど、先ずはご連絡ください


低料金の表示

料金概要




データ復旧について

壊れたパソコン、認識されなくなったり電源が入らなくなった外付けハードディスクから大切なデータをとりだせます。誤って消してしまったデータや、フォーマットしても取り出せます。
以下のような場合はまずお問い合わせください。

■ パソコンが壊れたため中のデータを取り出したい
■ パソコンが異常動作するため中のデータを取り出しておきたい
■ パソコンのデータを間違って消してしまった
 パソコンの使用を止めてそのままにして連絡ください。訪問作業となります
■ 外付けハードディスクのデータを間違って削除したりフォーマットしてしまった
■ 外付けハードディスクからデータが見えなくなってしまった
■ 外付けハードディスクをパソコンにつなぐと[フォーマットしますか]のメッセージが出る
■ 外付けハードディスクの電源が入らない(部品代400円〜8000円位が別途必要になることがあります)
■ 外付けハードディスクの電源は入るが動いていない(部品代400円〜8000円位が別途必要になることがあります)
■ 外付けハードディスクを転倒、落下してしまった(部品代4000円〜8000円位が別途必要になることがあります。この場合は治らないことがあり、部品代が無駄になります)
■ パソコンのハードディスクからカンカン音がしたり、擦れるような音がする(部品代4000円〜8000円位が別途必要になることがあります。この場合は治らないことがあり、部品代が無駄になります)



データ復旧料金について

料金は一律固定であるため安心してご依頼いただけます。

通常の破損の場合(物理的、または電気的破損でない場合)

ハードディスクの論理障害と呼ばれ、ハードディスクの内容が突然見えなくなったり、間違って消去した場合、または【フォーマットしますか】やcrcエラーなどのメッセージが出る場合などです。
症状によって専用の復旧ソフトを使ったり、専用の復旧システムでデータを取り出します。

ハードディスクが1テラ以下の通常の容量の場合と、1テラを超える大容量の場合の2種類の料金体系となっています。例えば1テラの場合、復旧に一週間以上かかることがあります

1テラ未満   8000円固定
1テラ以上  10000円固定


電源不良の場合(電源が入らない場合)  12000円

ハードディスクの電源が入らない場合やモーターが廻らないなどの症状で、プリント基板の電子部品の破損が挙げられます。電子部品交換のため部品代が別途かかります

部品破損があると破損の部位によって400円〜10000円位の部品代がかかります

プリント基板


上の写真はハードディスクのプリント基板の一例です。電源が入らなかったり、モーターが廻らない症状は一般的にこのプリント基板の破損が原因です。破損した部分によって修理部品代が変わります
小さな素子の破損の場合は数百円ですが、その他の大きいカスタム部品の破損の場合はハードディスクの容量により4000円〜10000円位になります

ご注意
同一のハードディスクをご自身で購入してプリント基板を交換することは絶対にお止めください。動作しないばかりか、データ破損をおこします。プリント基板を交換する場合は同時にROM ICの交換も必須で、これを交換しないとディスククラッシュを起こします


ハードディスクの内部破損の場合(ヘッド破損など)  22000円

ハードディスクの劣化、転倒、衝撃などによってヘッド、またはディスクが傷ついたり破損した場合です。

別途部品代がかかります(4000円〜10000円位)。ディスク破損の場合は復旧できません

ハードディスク内部


上の写真はハードディスクの内部の一例です。ヘッドと呼ばれるデータ読み取り部分の破損の場合は部品交換してデータ復旧できますが、データが書き込まれているディスク部分のキズや破損の場合は復旧不可となります
ヘッド破損の場合は部品代が4000円〜10000円位になります(ハードディスクの容量によって変わります)

上記以外にモーターの不良、ディスクの変形などの破損があります。モーター不良は部品交換を行って修理後にデータの復旧を行いますが、ディスク変形している場合はデータの復旧ができません

ハードディスクの修理作業は防塵の環境で行います。とても緻密な作業ですので一般の方が修理を行うことはおすすめしません

ハードディスクの内部破損のはヘッド、ディスクのどちらに問題があるか外見で判断できません。どちらか一方の破損の場合と両方が破損している場合があります。
ディスクが破損していた場合はデータを復旧することができないため料金は発生しませんが部品代の実費がかかります

広告

ハードディスクの破損について

ハードディスクにはパソコンで使われているものと外付け用のものがありますがどちらも同じものです。
小さい2.5インチ型(ノートパソコンや小型の外付けポータブルハードディスク用)と大きい3.5インチ型(デスクトップパソコンや大容量の外付けハードディスク用)の2種類があります。

ハードディスクの写真


ハードディスクのデータ破損の症状

データを間違って消してしまった単純なものから電気的、物理的な破損まであります

パソコンの場合
○ ハードディスクの論理的破損
 ハードディスクに大きなダメージがないのでデータはすべて取り出せます。パソコンが異常動作します
○ セクター破損
 ハードディスクのディスク面のキズです。パソコンの動きが遅くなったり異常動作します。当初はパソコンの動きが遅いと感じますがどうにか使用できることがあります。
データの復旧に多少時間がかかりますがほとんど全て復旧できます
○ パソコン起動直後にメーカーロゴマークが出たあとエラー表示が出たりして正常な動きをしない
 Windowsシステムに起因するものとハードディスクのキズのいずれかが疑われますが通常はデータを復旧できます
○ パソコンの電源は入るが画面に何も出ない
 ハードディスクの破損の可能性がないわけではありませんが通常はデータを復旧できます
○ パソコンの電源が入らない
 ハードディスクの破損の可能性がないわけではありませんが通常はデータを復旧できます
○ 青い画面(ブルー画面とも呼ばれる)にエラー表示が出る
 ハードディスクの破損や他の破損のこともあります。ハードディスクの破損の場合は修理が必要なことがあります
○ 修復処理が繰り返される
 Windowsシステムに起因するもの、およびハードディスクの破損のいずれかが疑われますが通常はデータを復旧できます
○ パソコンの動作が異常に遅く、パソコン内部か異音がする
 ハードディスクのキズや劣化の可能性がかなり高く、通常はデータを復旧できますが時間がかかることがあります
○ デスクトップの画面まで進まない
 Windowsシステムの破損、ハードディスクの破損、その他が疑われます。通常はデータを復旧できます
○ ハードディスクから擦れるような音やカツンカツンぶつかるような音がしてパソコンが起動しない
 ハードディスクの内部のキズの可能性がかなり高く、通常の方法では復旧できません


外付けハードディスクの場合
○ 電源が入らない
 プリント基板の破損の可能性が高くプリント基板を修理してデータを取り出します
○ モーターが廻らない
 プリント基板の破損の可能性が高くプリント基板を修理してデータを取り出します
○ ハードディスクから擦れるような音やカツンカツンぶつかるような音がする
 内部のヘッド、またはディスクの破損が疑わられ、修理が必要です。また、部品を交換してしても治らないことがあります


データ復旧に関する注意
パソコンが壊れてもほとんどの場合データを取り出すことができます
データを削除したりハードディスクをフォーマットしても取り出せます。パソコン使用中にデータを間違って消去した場合は直ちに使用を止めればかなりの確率でデータを復旧できます

データの復旧が必要になった場合、無料の復旧ソフトで復旧を試さないでください。無料のソフトで復旧できるものは皆無です。
症状を悪化させて復旧できなくなることがあります

ハードディスク送付時の梱包方法
■ パソコン用のハードディスクを送付される場合、ハードディスクの取り外し方が分からない場合はパソコンのまま送ってください
■ 外付けハードディスクを宅急便で送る場合はダンボール箱にできるだけたくさんのクッション材を詰めてください。

業務の紹介


営業時間:8:00〜22:00時 (朝7:00から受付けています)
営業日:(年末年始以外は無休です)

連絡先

サイトの新規登録106相互リンク検索エンジン〜AtoZ♪Search〜自動相互リンクサイト自動相互リンク集東京散歩リンクサーチ〜相互リンク検索エンジン〜中国語留学・韓国語留学の東京文法語学教室即時反映されるディレクトリ型検索エンジンSEO対策型検索エンジン・バビバビ同盟ただモールありさんサーチPHPプログラミング自動相互リンク集自動相互リンクサイト自動相互リンクPlus検索エンジン Alcarnaみんなの検索サイト!Web Navi